ホーム > 生前相続対策

生前相続対策

  • 遺言書の作成
  • 生前贈与・寄付
  • 養子縁組
  • 任意後見 成年後見
  • その他 不動産活用等

遺言書の作成・遺言信託

相続人同士のトラブルを避けるために遺言書を作成しましょう。
遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
作成方法によっては、無効になる場合もありますので、注意が必要です。
わかりやすくご説明致します。

遺言書作成のページへ
 
遺言信託

当事務所が行なう遺言信託は以下の内容です。

1.ご依頼者の意思を聞いて遺言書を作成
2.遺言書の保管
3.定期的に意思確認(遺言書の内容に変更は無いか?)
4.遺言内容を変更したい場合は再度、遺言書作成
5.いざ相続が開始された時は遺言の内容を実現

生前贈与・寄付

生前に親族・その他誰に対しても贈与・寄付をすることができます。
しかし、遺言者は自由に贈与・寄付ができるとはいえ、兄弟姉妹を除く相続人には遺産の一定割合の取得を相続人に保障する制度(=遺留分)がありますので、その点にご注意下さい。

遺留分減殺請求はこちら
 

養子縁組

養子縁組で相続人を増やすと節税効果は大きい

実子がいる場合には1人、実子がいないときは2人まで法定相続人の数に算入することができます。
養子縁組をして相続人を増やすと、相続税の基礎控除額や、生命保険金・退職手当金の非課税金額の枠が大きくなり、相続税の対策になります。
相続税の対策として有効な養子縁組ですが、法定相続人が増えれば実子の相続分が減少するため、これが後々の相続争いを引き起こす原因となる場合があります。
揉め事を起こさずにスムーズに相続をさせたい方などご相談ください。

 

任意後見・成年後見

任意後見とは?

あらかじめ「信頼できる人」と任意後見契約を結んでおき、実際に判断能力が低下した際にこの「任意後見人」から財産管理等の必要な支援を受けられるようにするというものです。
任意後見契約は公正証書によってしなければなりません。

例)いつか自分が認知症になってしまった時に、遠く離れている子どもたちに迷惑をかけないようにしておきたい。

 
成年後見とは?

成年後見制度は精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。

例)ひとり暮らしの認知症のおじいちゃんが悪徳商法に騙されて高額商品を買ってしまわないようにしたい。

後見についてはこちら

その他、不動産活用等

他士業との連携で不動産活用についてもご相談をお受けします。

問い合わせバナー