ブログ

2013年2月28日 木曜日

親が貯めていたはずの預金がない!!

こんにちは、弁護士の北川ひろみです。

先日、1年以上にわたって担当させて頂いてきた遺産分割の案件
が無事、終了しました。
この案件は、お母様が亡くなられた後、相続人の方が調べたところ、
お母様が貯めていたはずの預金が、ほとんど無くなっていた! 
という事案でした。

預金の払い戻しが、お母様の意思に基づくものであれば、これは
致し方がありません。お母様が自分のために使った場合は
もちろん、誰かに生前贈与したのであれば、それもまた、お母様
の意思として尊重しなければなりません
(但し、特別受益や遺留分等の問題になりえます)。

ところが、時に、果たして本当に被相続人(お母様)が払い戻した
のであろうか? と疑念を持たざるを得ないケースがあります。
例えば、
  被相続人が施設に入所していて、お金の使い途がない、とか、
  被相続人と、払い戻した人は仲が良くないので、贈与するは
  ずがない、
といった場合です。
実は、最近、この種のケースの相談が目に付きます。
金融機関では、通常、払い戻す際に本人確認をしっかりされるの
ですが、中には、ご本人が高齢で、顔見知りのお子さんが代理で
来られる時などに、払い戻しに応じることもあるようです。
そのため、実は、勝手に払い戻されていたというケースもありうる
わけです。

このようなケースでは、まず、
    弁護士法23条の2に基づく「弁護士照会制度」
を利用して、各金融機関から、預金の出し入れの履歴と、払い戻し
伝票を取り寄せます。これらの資料から、誰が、いつ、どこから、
どのような方法で、いくら、払い戻したかが、概ね、明らかになりま
すので、本当に、被相続人の意思に基づく払い戻しかどうかを推測
することができます。
その結果、預金が勝手に払い戻されていたと思われる場合には、
相続人は、払い戻した人に対して、相続分に応じて、返還請求をし
ていくことになります。

逆に、生前贈与で預金をもらったときに、生前贈与の事実を証明で
きないと、勝手に払い戻したと主張されることもあります。
そのため、後々、トラブルにならないよう、贈与契約書など、贈与の
事実がわかる書類を作成しておくが大切になります。できる限り、
トラブルにならないようにしておきたいものです。

話が変わりますが、
  最高裁が、非嫡出子の相続分に関する判断を変更する
可能性が出てきたようですね。
以前、このブログでも取り上げたテーマですが、以前から、非嫡出子
の相続分を嫡出子の半分とする民法の規定について、憲法の法の
下の平等に反するではないかが問題とされてきました。いよいよ、
この点について、最高裁が違憲と判断する可能性が出てきたという
わけです。
最高裁の判断がでたときには、また、このブログでお知らせします。

さあ、明日から、3月です。 日ざしも、日に日に春らしくなってき
ましたので、アクティブに頑張っていきましょう。



投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所

問い合わせバナー