ブログ

2013年3月19日 火曜日

知らなきゃ後悔する!?~遺留分の御相談~

当サイトにお立ち寄り頂き,ありがとうございます。
弁護士の伊藤崇です。

先日,遺留分について御相談を頂きました。

相続人はご兄弟2人のみで,今回,親御様がお亡くなりになりました。

親御様は遺言書で1人の方(仮に御兄様とします)に全財産を相続させる,という遺言書を残していました。

今回,御相談頂いた方は遺言書に名前があがらなかった弟様です。

御兄様には既に弁護士さんがついており,今回,親御様のご逝去から程なくしてこの弁護士さんから連絡があったとのことでした。

その連絡というのは,
御兄様に全財産を相続させるという遺言書がある,
あなた(弟様)は遺留分しかもらえません,
遺留分としては預貯金の4分の1をお渡しする用意があります,
といったものでした。

弟様は,遺言書の存在を知らされたのが御兄様からではなく弁護士さんからだったことに怒って念のために自分も相談してみようと思い当事務所に相談に見えた,とのことでした。

当事務所で親御様の遺産を調査したところ,預貯金以外に不動産が存在することもわかり,また,過去に別の不動産が親御様から御兄様に生前贈与されていたことも判明しました。

こうした場合,遺留分の計算は,預貯金だけではなく不動産や過去に生前贈与されていた不動産も対象に行われます。

つまり,,,

× 弟様の遺留分=預貯金の合計額×4分の1

○ 弟様の遺留分=(預貯金の合計額+相続開始時の不動産+生前贈与された不動産)×4分の1


ということであり,弟様が遺産の中から取得できる金額が増えることが判明したのです。

今回の御相談のケースのように,御相談頂くことによって有利な事実が判明することがたくさんあります。

御相談者様の一言

「相談していなければ後悔するところでした」

そうしたことを未然に防ぐために,まずはお気軽に御相談頂ければと思います。


投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所

問い合わせバナー