ブログ

2013年4月12日 金曜日

離婚と遺言

当サイトにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
弁護士の伊藤崇です。

4月も早いものでもう中旬ですね。
今年は暴風の影響もあったため桜が例年よりも早く散ってしまい
残念な思いをされた方も多いのではないでしょうか。


さて、今回は「離婚と遺言」を取り上げたいと思います。

あまり関連性がないようにも思える「離婚」と「遺言」ですが、
「離婚」も早期に話がつくケースばかりではありません。

最近も著名な芸能人夫婦が離婚訴訟で長期間争っていたことは
ご存じの方も多いと思います。

そこまでには至らなくとも、
「離婚するかしないか」
から始まり、
「財産分与」「慰謝料」「子どもの親権」「養育費」などなど
離婚が最終決着するまでには決めないといけないことが多くあり、
離婚に至るまでに数ヶ月から1年以上かかるケースも珍しくありません。

では、離婚が成立するまでの間、
その夫婦は相続上どう扱われるかというと、
あくまで「夫婦」として扱われることになります。

民法は、配偶者は常に第1順位の相続人になると規定しています。
そして、夫婦は離婚が成立しない以上、「配偶者」に該当しますから、
離婚が成立するまでは、離婚でもめている相手(配偶者)は自分の相続人ということになるのです。

ですから、離婚の話し合いの途中、
突然の事故などでご夫婦の一方がお亡くなりになった場合、
亡くなった方の財産が離婚でもめていた配偶者に相続されることになるのです。

このような事態を防ぐためには遺言書を作成する以外に有効な方法はありません。

配偶者以外の第三者(例えばお子さん)に自分の財産を相続させる旨の遺言書を作成しておくのです。

そして、離婚が成立し、ご自身の身辺が落ち着かれたときに、
もう一度、遺言書の内容を見つめ直し、
遺言書を書き直す必要があるかないかをゆっくりとお考え頂ければいいと思います。



投稿者 南舘・北川・伊藤法律事務所

問い合わせバナー